笑いが健康にも影響!?ことわざ「笑いは人の薬」は本当なのか



「笑」という文字はことわざでよく目にします。ことわざだけではなく、アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズの「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」という有名な言葉に代表されるように、多くの名言や格言でも使われています。

笑うと、私たちの心と体はどのように変化するのでしょうか?

今回はことわざと共に調べてみました。

「笑」が使われている日本の有名なことわざ

笑う門には福来たる(わらうかどにはふくきたる)

「笑」の文字が使われていることわざと言えば、一番に思い出されるのではないでしょうか。いつも明るく笑いのある家族には幸せが訪れるという意味です。門(かど)には家族・一族・一門という意味があります。いつも明るく笑いのある家族という時点で幸せですよね。

笑いは人の薬(わらいはひとのくすり)

適度に笑うことは、心と体の健康のためには、良い薬になるという意味です。現代医学でも笑う事が大切だと言われますから、まさに良い薬ですね。

笑って損した者なし(わらってそんしたものなし)

いつも明るくにこにこしている人は、他人に好かれ幸福を招くという意味です。確かにこれも納得できますね。

言い出しこき出し笑い出し(いいだしこきだしわらいだし)

「臭くない?」と最初に言って笑い出した人が、おならをした本人であるという事。そこから、ウワサ話を話す人が、ウワサ話を作り出した本人であるという意味です。「臭い」と最初に言い出した人がおならの犯人って、凄いことわざですね。このことわざの作者は、こういう現場に遭遇し、きっと腹立たしい経験をされたのではないでしょうか。このことわざは「笑」の趣旨が違いました・・・。

表情を変えると心と脳をコントロールできる!?

9コの表情

笑顔は自分にも他の人にも、よい心理作用を及ぼします。

上のイラストを見てください。9つの表情がありますが、笑顔のイラストを見ていると、心が朗らかになり、自分の口角も上がっている事に気づくのではないでしょうか。

笑顔は伝播し周囲の人の心にもよい作用をもたらす事がわかりますね。

すごいですよね!感情が伴わなくても、笑顔を作る事によって、幸せを感じている時と同じ反応が脳に起こっているという事です。

「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」という言葉どおり笑顔と幸福感は密接な関係があるのですね。

笑いがもたらす心と体への影響

世界中の研究者が行った研究結果。笑うことと笑顔が心身へ及ぼす効果が確認されている内容。

「笑うこと」「笑顔」には、こんなに沢山のメリットがあるんですね。

まとめとして

私たち人間は、笑うこと・笑顔でいる事で、心にも体にも良い影響がある事がわかりました。

自分は元より、普段から、肩肘張らずに無理をしない範囲で、家族や友人、職場の同僚などと笑顔でコミュニケーションをとり、笑顔を伝播させていく事で、たくさんの人に幸せのおすそ分けができるのではないでしょうか。

昔から「笑」が使われている「笑う門には福来たる」「笑いは人の薬」という、ことわざは本当でした。

昔の人々は時代が変わっても、人間にとって変わらない大切な事を「ことわざ」を通じて教えてくれているように思いますそして「臭い」と笑いながら最初に言い出した人がおならの犯人というのも変わらないのではないでしょうか。